[Anker] PowerCore Ⅱ Slim 10000 のススメ

Goods

モバイルバッテリー、皆さん持ってますか?使ってますか?

数年前に比べ、今は個人的に1台、人によっては複数台所持している方も増えたのではないでしょうか。

ネットワーク環境の充実、格安スマホ・SIMの普及、高性能なスマートフォンやタブレット、各種有用なサービス等もあり、持ち歩く端末の残りバッテリーは気になるもの

どこかコンセントから電源を取れて充電できればいいのですが、場所によってはコンセントがない、あっても充電中は移動ができないとなれば、やはりモバイルバッテリーの出番です。

今回は数多くある各種メーカーの中から、普段使ってみてオススメの製品を紹介します。

製品名は、「Anker PowerCore Ⅱ Slim 10000」です。

Ankerさんは勢力的に次々と新製品を発表し、どれも魅力的な製品なのですが、モバイルバッテリーを選ぶ基準は人それぞれの環境(事情?)があります。

基準は大きく分けると下記になるかと思います。

 

  • バッテリー容量
    • ざっと大別すると、「5000mAh」「10000mAh」「20000mAh」「20000mAh以上」に分かれると思います(5000mAh未満もあります)
    • 大体の目安は、5000mAh毎にiPhoneのフル充電1回、と考えています

 

  • 大きさ、重さ
    • 容量が大きい程、必然的に本体も大きく、重くなります
    • 仕事場メインで使う人、よく持ち歩く人などで選ぶ大きさが変わると思います

 

  •  充電速度
    • モバイルバッテリーの中には、スマートフォンを急速充電できる機能(規格)が備わっている製品があります
    • QuickChargeやPowerIQ等、色々ありますが、長くなるのでここでの説明は割愛します(笑)

 

他、デザイン性や安全性、価格等も挙げられますが、優先するのは概ねこの様な感じです。

sponsored

 

今回挙げた「Anker PowerCore Ⅱ Slim 10000」のスペックは、

  • 容量 : 10000mAh
  • 寸法 : 137 × 66 × 16 (mm)
  • 重量 : 210 (g)
  • 規格 : PowerIQ 2.0

 

となっており、10000mAhの容量でありながら厚さがたった16mmというのに惹かれ選びました。

薄い、というのは持ち歩くのに利点で、鞄の隙間、ポケットにも入るのは非常に助かっています。

バッテリー本体の残量も、4つのLEDランプで一目瞭然で充電忘れもないです。

そして急速充電が可能なPowerIQに対応しており、色々な端末に最適な給電を行えるのが安心です。

急速充電に対応していながら、使用時のバッテリー本体の発熱は高くなく、Anker製品の品質の高さが伺えます。

 

日常的に出張や移動が多い方、夏・秋のキャンプや旅行へ行く機会が増える方でモバイルバッテリーを持ってない、買い替え・買い増しを考えている方はこの記事を参考にしていただければ幸いです。

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。